カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ウェディングブーケの作り方

プリザーブドフラワー ブーケを手作りで!

今、プレ花嫁様に人気の「手作りブーケ」。
挙式が近付くと、お式の準備でとっても忙しい花嫁様には、前もって作れる枯れないお花「プリザーブドフラワー」を使いブーケ製作なら、余裕をもって用意ができるので安心です。
DIYのお役に立ててくださいね。
 

\簡単4ステップ/
プリザーブドフラワーの作成手順

1.プリザーブドフラワーのワイヤリング方法

まず、プリザーブドフラワーは、こんな風に花首だけの状態です。茎は1cmくらいしか付いていません。ここにワイヤーとテープで茎の部分を作っていきます。

1cmくらいの茎に、ワイヤーを通します。ワイヤーの太さは22番を使用します。

ワイヤーの中央部分まで通してワイヤーを半分に曲げます。

そして、ワイヤーをネジネジとねじっていきます。そうすると、ワイヤーの茎部分がしっかりとしてきます。

ねじったところのアップ写真です。

次に、もう1本ワイヤーを通します。このワイヤーは24番を使用して今度は、花部分(なるべく下のほう)にワイヤーを通します。なぜこうするのか?答えは先ほどのバラ本体の茎部分のワイヤー1本だと万が一、花首が折れて、バラがポロリと落ちてしまうなんてことになったら大変!だからです♪

これも、先ほどと同じように、右から左へワイヤーと通します。

そして、ワイヤー中央部分で、半分に曲げます。

そして、このワイヤーを、最初に通した22番のワイヤーに、ネジネジとからめます。これで、さらにワイヤーの茎部分は、しっかりとしてきました。

2.プリザーブドフラワーのテーピング方法

ワイヤーで作った茎部分にグリーンのフローラルテープを巻きます。ワイヤーを通した茎部分を包むようにテープを巻きます。

テープ巻きの”コツ”は少し、テープを引っ張りながら、クルクルとバラ本体を回して巻いていくと、しっかり巻けると思いますよ。

クルクルとワイヤーの下のほうまで巻いてください。

全部巻くとこんな感じになります。最初は、「上手く巻けないわ・・・」と思うかもしれませんが、数本やっているうちにコツが分かってくると思います。

3.アジサイのワイヤリング方法

アジサイにワイヤーを掛けます。アジサイの茎には、バラの様にワイヤーを通すことができないので、茎に引っ掛けるようにして、ワイヤーを絡めます。そして、ワイヤーをネジネジとねじっていきます。

テープを巻きます。アジサイの茎とワイヤーを包むようにしてクルクルとテープを巻いていきます。

こんな感じで小分けにしたアジサイを用意します。

4.最終段階!ブーケの組み立て方法

先ほど、ワイヤリング(ワイヤーを掛けテープを巻いたもの)したバラとアジサイを花束風に組んでいきます♪ここからが楽しい作業ですよ〜。

バラを最初に1本持ち、その周りにお好みのスタイルになるように花束風に束ねていって下さい。ワイヤーは簡単に曲がるので、角度を調整しながら丸いドーム型に組んでくださいね♪

バラやアジサイは、お好きな配置でいいと思いますよ。プリザーブドフラワーだと枯れないので、何回でもやり直しができます。納得のいくデザインになるまでがんばってくださいね。

束ねたワイヤーを適当な長さで切りそろえてワイヤー全てをフローラルテープでクルクルとしっかり巻いていきます。ここが、ブーケの持ち手の部分になります。

こんな感じにしっかりとテープを巻きます。

最後にリボンを付ければできあがり!\(^o^)/

手作りブーケの出来上がり

想い出のブーケを、パートナーと、ご家族と、お友達へのプレゼントにと作ってみてはいかがでしょうか?
枯れないプリザーブドフラワーのブーケなら

  • 前撮り
  • 本番挙式
  • 後撮り
  • 海外ウェディングへの持ち込み
  • 挙式後のインテリアに

と様々な用途でお使い頂けます。

ブーケに関する、ご不安やお悩み等々お気軽にご相談下さいませ。

DIYに自信のないプレ花嫁は、ブーケデザイナーの長岡ひろみが、あなたの理想のブーケをお作りいたします。

 

 

 


>>  トップページをみる