カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 花束ボックスの日持ちについて

花束ボックスのフラワーはどのくらい日持ちがするの?


お花って、枯れるものだから日持ちは気になるところですよね。

当店の、花束ボックスフラワーのお花は、枯れないお花「プリザーブドフラワー」を使用していますが

通常生花だと、時期によっても変わりますが、暑い夏だと4日くらい、冬だと7日〜10日くらいでお花は悲しいことに、枯れてくると思います。多分、色々な種類にお花を使用していると、一気に全てのお花が枯れるのではなくて、少しづつ、水揚げ(花の水を吸う力)が弱いお花から、萎れていくと思います。

そうなると、まず、せっかくの綺麗なデザインが歯抜けの様になって崩れてきてしまうのが実状です。

花のアレンジメントとかに心得ている方なら、少しは、お花を入れ替えてデザインを整えたりもできるのですが、1つお花が枯れ始めると次から次へと順番に枯れだして、数日で全てのお花がなくなってしまいます。

一瞬の思い出・・・の花束です。
 

女性にいつも、笑顔でいてほしい!輝いていてほしい!そんな思いでいるなら

プリザーブドフラワーがお勧めです。

一瞬の想い出のお花 ではなく、ずっと綺麗に咲いて、幸せあふれるロマンティックな空間を彩ることができれば、女性の笑顔も続きます。

プリザーブドフラワーは生花を特殊加工して保存しているので枯れません

いつもみずみずしい状態のお花を楽しむことができるのでお得です。

自然素材から作られている」っていうのが嬉しいですよね。

 

プリザーブドフラワーの花束ボックスの日持ちは?

では、プリザーブドフラワーって「永遠に綺麗に咲き続けるお花」なのでしょうか?
当店の答えは、残念ながら NO です。

ネット検索などで調べると、「3年、5年、10年綺麗」とも書かれているサイトもある様です。
しかし、プリザーブドフラワーは、もともと20年ほど前に欧米で作られて人気のお花でした。

プリザーブドフラワーはとても繊細なお花です。

衝撃に弱く、高温多湿が苦手です。その様な状況下に長時間置くと、色褪せ、退色、劣化等々があります。

>>プリザーブドフラワーとは をみる

日本は、欧米に比べて、湿気の多い国です。縦に長い日本列島。北は北海道から南は常夏の沖縄まで様々な土地柄、住宅事情があります。

一概に「何年間、綺麗です」という保証はできません。
ごめんなさいね。本当のことを皆様にお伝えしたいと思っています。

ただ、生花よりも十分に長く美しい状態で、私たちを楽しませてくれることに間違いはありません。


当店は、20年前からプリザーブドフラワーを販売していますが
お客様の声からは、数年綺麗に飾っています。という方もいらっしゃれば
飾る場所が悪ければ、1年ほどで、色褪せてきました・・・。という方もいらっしゃいます。

主観的なものもあると思うのですがホコリ問題もありますね。

時間とともに、ホコリが付いてきてしまいます。濃いお色のお花だと白っぽく見えたり、薄い色のお花だとグレーがかったりと気になるところでもあります。

少しでも長く プリザーブドフラワーを楽しいんでもらうために
取り扱いに注意して、より長く彩る空間で笑顔になって頂ければと思います。取り扱いについては以下をご参考にして頂ければと思います。

>> プリザーブドフラワーの取り扱い注意点をみる

>> トップページをみる