カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • プロポーズにプリザーブドのバラを贈る利点

プロポーズにプリザーブドのバラを贈る利点

まずはプロポーズのバラを贈ることについて考えた。
 

プロポーズとは

「求婚」「結婚を申し込むこと」これは男性から女性からが通例ですが、今の時代、女性から男性にプロポーズしてもいいですし、同性婚というのもあります。
プロポーズは、これから結婚しようねという口約束=婚約スタートということになります。

ワクワクする人生で一番楽しい期間でもあります。
プロポーズ
 

バラの花言葉について


バラの花言葉は「愛」「美」などがあります。
まさに、愛を伝えるプロポーズのお花として相応しいですね。

更にバラの色によっても花言葉はあるようです。

・赤いバラ
「あなたを愛しています」「愛情」「美」「情熱」

・白いバラ
「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」

・ピンクのバラ
「上品」「しとやか」「感銘」「可愛いひと」

・黄色いバラ
「友情」「平和」「友愛」「献身」「嫉妬」「薄らぐ愛」

上記の様な意味合いがあるようです。

赤いバラはプロポーズの定番だけあり、ストレートな感情の花言葉ですね。

白いバラは、女性からプロポーズする時に渡すのに素敵だと思いました。
花嫁の純白のドレスや白無垢のこの花言葉のイメージにつながりますね。

ピンクのバラに関しては、花嫁様がピンク色のイメージに近いひとなら
セレクトすると赤いバラよりも喜ばれるような気がしますね。
実際、当店でもプロポーズのブーケとしてピンクのバラを選ばれる男性が多いです。

黄色いバラに関しては、少し注意が必要だと思います。もし相手が花言葉をとても気にする人なら
「薄らぐ愛情」「嫉妬」というワードが入っているので、フォローが必要ですね。
例えば、黄色という色の効果は「気分が明るくなる」があります。
「あなたは太陽の様に輝いている。ずっと私を照らし続けてください」というような
メッセージを加えると、プロポーズに相応しいバラに早変わりしますね。
 

プロポーズのための準備


一世一代の大イベント!「プロポーズ」。
色々と準備は必要です。
指輪

・いつするか
・どこで
・どんな言葉で
・シチュエーション
・指輪
・花

色々考えることはイッパイあるし、ドキドキするし。
でも
相手が喜ぶ顔は見たいし。

殆どの場合は、サプライズになると思います。

上記の用意するものの中で、「お花」これは、サプライズにする場合
生花だと、生なので、渡すまでに、お花が萎れてしまわないかな・・
とか
本当に、今日勇気をだしてプロポーズできるのかな・・・できなかったら
せっかく用意したお花が台無しに・・・

なんて、心配もありますよね。

そこで、ご提案したいのが

枯れないお花の「プリザーブドフラワー」でのプロポーズです。

前もって用意ができるし
枯れる心配がありません。

それでなくても、プロポーズすることで、ドキドキ。頭の中がイッパイになっているのに
正直お花の心配までしてられないでしょう。

だから、「枯れないから安心」なのが、プリザーブドフラワーです。

 

プリザーブドフラワーのバラでプロポーズの利点

枯れないお花プリザーブドフラワー。
>>プリザーブドフラワーとはをみる

●沢山のバラの花をもらった花嫁は最高の笑顔になります。

●沢山のバラの花束って、もらった時はと〜っても嬉しいです。
でも生花だと帰宅後、持ち帰り、花束を花瓶に活けなおすって結構面倒だったり、苦手という女性が多いのもの確かです。

だから、プリザーブドフラワーのバラなら、帰宅後、お気に入りのスペースに飾るだけ。置くだけ。でいいんです。
枯れないから、いつもでも、プロポーズの時のことを思い出すこともできますね。

お花を贈る人も、贈られた人にとっても「嬉しい」が沢山あるプリザーブドフラワーのバラは
プロポーズにおススメのお花です。



>>> トップページをみる