アーティフィシャルフラワーとは

アーティフィシャルフラワーってどんなお花?

アーティフィシャルフラワー」というキーワードをなんとなく聞いたことがある方も多いと思いますが、「どんなお花?」という疑問もあると思います。

当アトリエでは、分かりやすく案内すると

「高品質な造花」

ということになります。

造花と聞くとチープなイメージを受けやすいですが、技術の進化と共に、製造メーカーさんも「より生花に近く」を意識されて作られているので
精巧な技術で、生花に見間違えるようなクオリティの造花が近年作られるようになりました。

もちろん、百均で売られているようなチープなイメージの造花もありますが

当アトリエでは、花歴20年以上、全国の花嫁様のウェディングブーケを5000個以上お届けしたブーケデザイナーが厳選した
クオリティの高いアーティフィシャルフラワー造花を使用してフラワーアレンジメントを製作しています。

 

アーティフィシャルフラワーのメリット

耐久性があります。

プリザーブドフラワーやドライフラワーなどは、衝撃に弱く、壊れやすかったり、直射日光・高温多湿が苦手なので劣化や退色が早かったりと心配することが多いですが、アーティフィシャルフラワーは、クオリティの高い布やポリエステル等で作られているので、配送時などの衝撃の心配も少なく、プリザーブドフラワーやドライフラワーなどの保管・管理に神経質にならなくてもいいのが嬉しいですね。

水やり不要で枯れる心配がない

生花だと水やり、水替えと手間がかかりますが、アーティフィシャルフラワーなら水やりが不要です。忙しい現代人にピッタリ。水替えの心配がなくても花をずっと楽しめます。

アレンジメントデザインの幅が広がる

殆どのアーティフィシャルフラワーの茎の中にはワイヤーが入っているので、曲げたりすることでもでき、独創的なデザインにも挑戦ができます。

花粉に悩まされない

最近では、花粉症の方も多く、黄色い花粉に悩まされる方多いと思います。ほかに、生花だと花粉がお洋服について黄色く取れなくなってしまった!という経験をされた方もいらっしゃると思いますがその心配がないので安心です。

 

 

 

アーティフィシャルフラワーのデメリット

 

生花ではないので、香りを楽しめないことです。

ただ、好きなアルマオイルなどつけてリラックスするという工夫もありますね。

アロマオイル

 


 

大好きなお花を一年中楽しみたい!という方にも
ずっと飾っておける♪
というメリットがあります。

アーティフィシャルフラワー・造花で、ずっと花のある空間を楽しんで頂ければと思っています。

 

アーティフィシャルフラワー造花の最新記事8件

>体験型アレンジメント教室のお問合せ

体験型アレンジメント教室のお問合せ

『品よく・可愛く』をコンセプトにあなたのフラワーアレンジメント作りのお手伝いをしたいと思っています。お気軽にお問合せくださいませ。